2016年09月27日

困った髪のトラブル・・・セルフケアはどうしたら。

最近、髪の毛に関して悩みを持っているという方には朗報です。髪の毛の減少には増毛や育毛などを専門とした会社の商品を買わなければいけないと思われがちですが、じつは簡単なセルフケアでも十分に巻き返しを図ることが可能なのです。セルフケアにもいろいろあり、髪の毛そのものに栄養を与えることで髪の毛を強く美しくしたり、食事内容に気を遣うことで買いの毛や頭皮を健康に保つ方法、さらには頭皮を清潔に健康にすることで丈夫な髪の毛が生えてくるようにするといういくつかのやり方があります。まずは髪の毛自体を強く美しくする方法ですが、これは美容液成分の入った高保潤のシャンプーやトリートメントを使うことでうるツヤ髪を手に入れることができます。多少頻度は多めの方が効果は発揮されやすく、3〜4日に一度、このようなケアをすることで髪の毛がしっとりしますのでまとまりが段違いになります。次に食事ですが、ワカメなどの海藻類でミネラル、野菜や果物などでビタミンをしっかり摂取し、できるだけ夜の油物を避けるようにし、シャンプー後の頭皮が清潔であることを心がけるといいでしょう。頭皮も髪の毛も、肌と同じように日々新陳代謝を繰り返しているため、常にしっかりした栄養のある髪の毛が生えてくるように栄養補給をしましょう。最後に頭皮のケアですが、やはり頭皮に汚れは禁物です。できるだけ頭皮に汚れが付かないように帽子を常用し、蒸れそうなときはすぐに帽子を外すなどのこまめな対応が求められます。シャンプーも洗浄成分より美容液成分やヘッドスパ用のものを選び、シャンプーの時にマッサージをするなどして頭皮の血流を促すようにすると健康的な髪の毛が生えてくる手助けができるでしょう。

posted by tohikaikai at 13:57| 頭皮との付き合い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月28日

健康的な髪の毛を作るために。。。

健康的な髪の毛は、顔周りや後ろ姿を若々しく見せてくれるものです。第一印象を良くしたり、ファンションの印書も帰る大事なものですから、きれいな髪の毛を維持するためにできることは何でもしておきたいですよね。髪の毛を健康的に、美しくするためには、髪の毛自体に栄養をしっかり入れたり潤いを補給することも大事ですが、それは一時的なケアに過ぎないのです。髪の毛を根本的に元気にし、それを長い間保つためには、髪の毛が生えている土台である頭皮を健康にすることがまずは大事になってくるのです。頭皮には所狭しと毛穴があり、髪の毛が生えていますが、毛穴と毛穴の間に吹き出物ができたり、それが治ってかさぶたになることもよくありますよね。治ったからといって放っておくと、また同じように吹き出物が出たりして、なかなか頭皮はきれいになりません。特に、夏場など汗をかきやすかったりすると、頭皮についた外気由来の汚れなどが積もり積もってがんこな汚れになったり、毛穴に入り込んだりして炎症を起こしてしまいます。一つの毛穴がふさがってしまうことで周りの毛穴も影響され、その一帯は健康的な髪の毛が生えなくなってしまったら困ってしまいますよね。ですから、一つだけと油断せずに、吹き出物やかさぶた対策はしっかり行うことが必要です。具体的には、お肌にやさしい成分のシャンプーを使うことから始まり、シャンプー液を残さないようにしっかりすすぐことや、ドライヤーなどで乾かす場合も湿気を残さないようにする、通気性を重視して帽子などの着用は長い時間はさける、などでしょうか。もちろん、頭皮もお肌の一部ですので、ビタミンCを積極的にとることも、健康的な頭皮を作る手助けとなるでしょう。
posted by tohikaikai at 09:44| 頭皮との付き合い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月24日

頭皮トラブルの解決方法とは

頭皮の乾燥やかさぶた、吹き出物などでお悩みの方はいらっしゃいませんか?普段自分の目で見ることができないからこそ、頭皮の健康には気を配るべきです。なぜなら、頭皮は髪の毛を作る土台となるものですから、頭皮にトラブルがあると健康的な髪の毛は生えてこないからなんです。ご存知の通り、頭皮は皮膚の一部ですので、たんぱく質やビタミンから作られています。顔や体のお肌の状態を気にする人は大勢いますし、毎日何かしらのケアをしているのが普通でしょう。しかし、頭皮に関しては、薄毛や抜け毛に悩んでいるごく一部の人しかケアしておらず、いつのまにか頭皮トラブルが始まってしまったということが多くあります。頭皮の健康をしっかり保つことはきれいな髪を保つということ。美しい女性を目指すために、まずは見えないところから気を配ってみてはいかがでしょうか。
お仕事の関係とか、ファッションに興味がある人なんかだと、日常的にムースやワックスなどのヘアスタイリング剤を使用することが多いと思います。そういった方は普通の人と比べて頭皮に汚れがたまりやすいので、シャンプーの前にクレンジングをしっかり行う必要があります。もちろん、シャンプーもなにもせずに寝るなんていうのは言語道断!お化粧をしたままの顔で寝ると翌朝お肌がカサカサになっているように、頭皮だって乾燥してしまいます。さらに、毛穴の奥などに入り込んだ皮脂やスタイリング剤が冷えて固まってしまうと普通のシャンプーでは洗い流すことができず、そのまま汚れがたまってしまい、かゆみや吹き出物などのトラブルが発生します。そういったことにならないように、毎日寝る前にはしっかり髪の毛や頭皮の状態をリセットし、潤い不足にならないように気を配りましょう。



posted by tohikaikai at 09:48| 頭皮との付き合い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月17日

健康な頭皮で髪も若返る!

夏が近づくにつれて、頭皮トラブルや頭髪トラブルは頻発します。なぜかというと、第一に夏にはよく汗をかきます。人間の皮膚には汗腺という汗を出す穴が無数にありますが、特に頭皮には汗腺が多く、熱に弱いとされる頭部を冷却するために汗を多く書くようなシステムになっているのです。しかし、ほとんどの人は頭皮の上に髪の毛があり、頭皮に汗をかくことで髪の毛も濡れます。さらに、髪の毛が多くある人ほど汗が乾いて蒸発するのが遅く、いつまでも頭皮と髪の毛が汗で濡れている状態が続いてしまいます。髪の毛というものは濡れている状態ではキューティクルによる保護機能が著しく弱まってしまい、シャンプー後などもできるだけ早く乾かすことが求められます。ただの水分でも害になるというのに、汗には老廃物や塩分などの、頭皮や髪の毛に悪影響を及ぼす成分が入っていますので、汗をかいたらなるべく早く洗い流すかタオルでふき取るなどの処置が必要なのです。

さらに、春から夏にかけては戸外の紫外線量が増します。帽子をかぶれば蒸れや圧迫が害になりますし、帽子をかぶらないままというのも紫外線を直接浴びることになるので避けたいもの。できれば外出は最小限に抑え、日陰のある所を選んで歩いたり、日向に出るときは通気性のいい帽子をかぶるなどの対策をして、頭皮や頭髪を紫外線にさらさないように気を付けましょう。

ひとつひとつは些細なことですが、こういった地道な努力をするとしないとでは、頭皮や頭髪の劣化具合はまるで違います。色あせてパサパサ、ツヤのない髪の毛は老いを感じさせます。後姿をマイナス五歳にするためにも、頭皮を健康に保ち、それによって作られる美しい髪を維持することは女性にとって必須事項といってもいいでしょう。
posted by tohikaikai at 10:26| 頭皮との付き合い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月30日

頭皮をアンチエイジング!

ところで、実年齢という言葉は通常でも聞きますが、最近話題の「見た目年齢」ってご存知ですか?

見た目年齢というのは、外見からははっきりわからない「年齢」というものを、ファッションや立ち居振る舞いなどの印象から若々しく見せるときに主に用いられ、女性にとってはうれしいものなのです。

人間だれしも年を取ります。男性なら年齢を重ねるとともに渋みや深みが増し、決してマイナスな要素だけではない老化ですが、女性にとっては若々しさ=美しさという価値観は根強いものがあるので、どうしても若い見た目や若い世代のような会話、センスなどが求められてしまいます。

女性の老化で怖いのは、何といっても顔の皺。皺は年輪ともいいますが、できればパンっと張ってツヤのある肌が理想的ですよね。お肌の曲がり角は25歳なんていいますので、世の女性のほとんどは日々衰える肌と戦っているともいえます。

お肌や身体機能などは、何もケアしないでただ漫然と日々を送っているだけではどんどん老化していく一方です。決して高価な化粧品や運動器具、サプリメントなどを使う必要はないのですが、最低限のケアは必要ですし、押さえるべきポイントを抑えたケアはしなければならないでしょう。

また、食生活も見た目年齢を左右するものであります。食べたものによって老化の速度は違うといわれますので、活性酸素を多く含んだ食材を積極的に取り入れるとか、酵素力を借りて胃や腸の中から体質を改善し、お肌の潤いを保つという方法もあります。

運動も、軽いものでかまいませんのでバランスよく全身を動かすようなことを日課にするといいのです。体全体の血流がよくなることで、老廃物の排出が促されると肌のくすみも改善しますし、内臓機能も向上します。なにより、ストレスフリーな状態になりやすいので、気持ちも面からも健康的になれるのが最大のメリットですね。
posted by tohikaikai at 15:39| 頭皮との付き合い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする